カメラの基本を紹介!フィルム?デジタル?

 


 

一概にカメラといってもフィルム、一眼レフ、コンデジ、ミラーレスなど多くの種類があります。
ここではカメラについてザックリとご紹介します。

記事でわからない用語がある場合、こちらを参照してください。
関連記事:カメラ用語の解説

 

 

 

 

 デジタルとフィルムカメラ

カメラは大きく分けると2つ、デジタルカメラフィルムカメラがあります。

フィルムカメラ

フィルムカメラはその名の通り、フィルムを使用します。
レンズから入った光を、フィルムに焼き付けて撮影する仕組みですね。
現在はデジタルの使用率が多く、フィルムを使う人は稀だと思います。

フィルムは使い切りのため、1度撮影したら消すことができませんフィルム1本で撮れる枚数は種類にもよりますが30枚前後でしょうか。

最近、若い人らの間で再ブームになっている「写ルンです」もフィルムカメラですね!デジタルより画質は劣りますが、味のある写真になります。

 

デジタルカメラ

今やほとんどの人が使っているのがデジタルカメラ。
レンズから入った光を電気変換し、画像として取り込みます。
撮影した写真は消すことができるため、取り直しできるのが強みですね。
フィルムカメラと比べると、撮れる枚数が100枚以上と圧倒的に多く、画質も綺麗です。
写真はカメラ本体かSDカードに保存されます。

 

 

デジタルカメラの種類

デジタル一眼レフカメラ

汎用性ーーーーーーー★★★★★
写真の出来栄えーーー★★★★★
初心者の扱いやすさー★☆☆☆☆
オススメ度ーーーーー★★★★★
持ち運び:専用バッグが必要

価格
APS-C 約8万円~(本体のみ)

フルサイズ約15万円~(本体のみ)

一眼レフはカメラ内部に「レフレックス」と呼ばれる反射板ミラーが入っており、レンズからの光を反射する役割があります。このレフがあることにより、光学ファンダ(覗き穴)を使用するため、見たままの風景を撮影できます。慣れるまで扱いは難しいですが、本格的にカメラを始めたいならオススメです。

メリット
・綺麗な写真を撮影できる

・暗い場所に強い
・レンズを変えることで多目的な撮影ができる
・動きの早い被写体でも問題なし
・ぼかしをかけやすい
デメリット
本体が大きいため持ち運びが不便
・値段が高い
・本体の他にレンズも必要

コンデジとの大きな違いレンズを変えることができるため、用途に合わせた使い方ができます。一眼はレンズが一つという意味、二眼はレンズが二ついています。

一眼レフでも大きさの違いがあり、フルサイズAPC-Sフォーサーズなどがあります。
サイズは撮像素子の大きさで決まり、撮像素子が大きれば大きいほど写真の仕上がりが綺麗になりますが、本体も大きくなります。

 

 

 ミラーレス一眼レフカメラ

汎用性ーーーーーーー★★★★☆
写真の出来栄えーーー★★★★☆
初心者の扱いやすさー★★☆☆☆
オススメ度ーーーーー★★★☆☆

持ち運び:普段使うバッグでOK
価格:約6万円~(本体のみ)

ミラーレスは普通の一眼レフとは違いレフが入っていない機種を指します。
レフがない分、コンパクトですが背面液晶または電子ファインダでの撮影になります。電子ファインダはカメラ背面の液晶画面をファインダ内で見ているような状態なので、タイムラグが起こるデメリットがあります。

メリット
・綺麗な写真を撮影できる
・レンズを変えることで多目的な撮影ができる
・普通の一眼よりもコンパクトで持ちやすい
一眼に比べて値段が安め

デメリット
・電子ファインダのため扱いづらい
・画質が普通の一眼より劣る

見た目はコンデジと似ていますが、レンズを変えることができます。イメージとしては中途半端…?な部分も否めません。

 

コンパクトデジタルカメラ

汎用性ーーーーーーー★★★☆☆
写真の出来栄えーーー★★☆☆☆
初心者の扱いやすさー★★★★☆
オススメ度ーーーーー★★★☆☆

持ち運び:ポーチに入るサイズ
価格:約2万円~

コンパクトデジタルカメラはサイズが小さくて安価に手が入るのですが、今はスマホの普及により、昔より持ってる人は少ないのではないでしょうか。

メリット
・持ち運びが便利・値段が安い
デメリット
一眼と比べると多目的な写真が撮れない
・一眼と比べると画質が劣る
・背面液晶での撮影なので、シャッターが遅れる

一眼とは違ってレンズを変えることはできず、背面液晶パネルの映像を見ながら撮影するのが主体です。

 

スマートフォンカメラ

汎用性ーーーーーーー★★★★☆
写真の出来栄えーーー★★☆☆☆
初心者の扱いやすさー★★★★★
オススメ度ーーーーー★★★★☆

持ち運び:ポケットに入るサイズ
価格:約2万~

もはや説明不要、みなさんが1度でも使ったことがあるスマートフォンカメラ。すぐに取り出して使うことができ、画質も綺麗ですが、やはりカメラと比べると劣るところもあります。
SNS用の写真ならばスマートフォンでも十分でしょう。

メリット
・持ち運びが便利
・扱いやすさはダントツ
デメリット
・暗い場所が撮りにくい
・写真を大きくすると画質が落ちる
・細かな設定ができない

以上、カメラの種類についての紹介でした!

続いてはこちらの記事に進みます。

PAGE TOP